サイトマップ 東京商工会議所
東京商工会議所女性会
ホーム
イベント情報
活動報告
TOPICS
会員PRコーナー
会報「東商LADY」
女性会について
入会案内
リンク集
お問い合わせ
リンクについて
 
会員専用ページ ログイン
ホーム > トピックス >在日米国大使館商務部とのランチミーティング
トピックス

在日米国大使館商務部とのランチミーティング

2008年6月25日に米国大使館上席商務官ジョン・フレミング氏と東京商工会議所女性会 会長吉川稲美との会見が、日本料理店「阿部」にて行われました。
これは、在日米国大使館商務部ご提案によって実現したもので、米国政府が、従来より力を入れている女性企業家に対する体制について、うかがう良い機会となりました。
その延長として、日米女性企業家のタイアップやビジネス交流について、東商女性会とコラボレート出来る可能性を示唆する内容でした。
東商女性会のホームページも、常に関心を持って訪問下さっているご様子でした。
吉川会長は、かつて首相の秘書を務め、現在は多くの言語を扱う企業の社主であるので今後いっそうグローバルな交流が期待できるということにも、話が及びました。
また、現在、女性会が行っている活動と重点的に取り組んでいるテーマ、また、東京商工会議所全体において女性会の位置づけや会員数などの、説明がされました。

今回は特にIT担当商務専門官の齋藤氏のご同行により、IT産業に焦点が絞られ、本年9月米国ジョージア州アトランタで行われるASISインターナショナル2008のご紹介も含め、様々な情報をいただきました。大使館が日本からの、特別な視察交流会を計画中だとうかがいました。
米国でも、女性のIT企業家は多くはないということや、その会社の規模や内容が多岐に渡っている事など、日本と変わらない部分もあるとのご説明でした。
東商女性会におけるIT企業の会員数や、内容についてご質問をいただきましたので、後日ご回答することになりました。
今後も交流を続ける旨お約束して、散会いたしました。







このページの先頭へ
   
プライバシーポリシー